外来診療受付時間

急患・緊急外来の場合は 365日・24時間 受け付けします。

平日/8:30〜12:30・14:00〜17:00 土曜/8:30〜12:00 休診日:日曜・祝祭日

ご予約・お問い合わせ

代表電話
092-771-6361

受付時間 8:30〜17:00

医療法人AGIH 秋本病院 > スタッフの声 > 緩和ケアセンター長 長岡美妃

緩和ケアセンター長 長岡美妃

秋本病院:緩和ケアセンター長 長岡美妃

2014年春から秋本病院の緩和ケアセンター長として勤務されていますが、病院全体の雰囲気、緩和ケアセンターの雰囲気についてどのように感じられましたか?

とても柔らかな雰囲気を持っている病院です。
患者さんはなにを望んでいられるかをとても大切にしているから、そのような雰囲気をもつのだと思いました。
その中でも、緩和ケア病棟というのは一般病棟とは違います。どれだけ患者さんの気持ちを和らげ、体の苦痛を和らげ、普通の一日を過ごしてもらえるかに心を砕きます。

それを支えるコメディカルの心配りに安らがれる患者さんたちが多くいらっしゃること、そんな医療者と共に働けて喜びを感じています。

先生は、緩和医療学会の指導医ですが、
日頃のお仕事の内容はどういったものになりますか?

緩和ケアへの入院のご相談、緩和ケア外来、緩和ケア病棟での仕事が主なものとなります。

緩和ケアを必要とされる方がいらっしゃれば、いろいろなご要望に出来るだけ応えられるようにさせていただきます。

日々、患者様やそのご家族様とふれあう機会が多いと思います。コミュニケーションの上で、意識していることはありますか?

気持ちの上で本当に切羽詰まっていらっしゃる方々が多いです。
その方々の一杯になっている気持ちに寄り添うようにしています。
私が学んだスピリチュアルケア、その第一人者である村田先生に教えていただいたことは
「人は苦しみに捕まれた時、心も動きが取れなくなってしまう。言語化することにより少しの隙間が生まれ、
その心は動き出す。
私たち医療者がすることは、相手の中にスピリチュアルケアを自ら起こす力があることを信じるだけでいい。」
ジャッジすることなく相手の方のお話を伺うこと、相手がどんな状況であろうと相手の立ち戻る力を信じること、
そのことが人と人とのコミュニケーションでとても大切だと思っています。

季刊誌 ブリーフレター

秋本病院の情報誌。
「人と地域と医療を繋ぐ」を標榜にして年に3〜4回発行しています。

このページのトップへ